社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.10 「饂飩(うんとん=うどん)の話」

2011.02.03

直角に切られた90度の角
この「角(カド)」が人間の舌を満足させるのだ。

 

手打ちの魅力は他にもある。
麺線の凸凹、縦・横の方向性の弾力だ。
そして日本特有の中力粉(小麦粉)
これが日本人好みの歯ごたえ・舌触り・のどごし等に表れる。

 

ついでにもっと贅沢を言うなら
±0℃の部屋で打つことだ。

 

その理由は 塩分が少なく水分がたくさん入ること。
水分が多くなると、熱伝導が良く舌触りが良くなる。

 

これ以上の麺と出会うことは無いと断言できる。

楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム > 社長のコラム vol.1