社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.18 「主体性を失った現代日本人」

2012.08.04

戦後生まれの日本人の教育はアメリカ仕込みになった。
戦前の教育からは全てが新しく生まれ変わり、
修身とか朕思ウニとかの世界は全部捨て去られた。

 

そしてPTAが生まれアメリカ教育が本格的になった。

 

何事も米国に続け、で多くの人が留学され、勉学に励んできた、
国会議員、役人、官僚、この人たちはアメリカ教育を受けている。

 

国の中枢をになう国会も、器は日本製、
中身はチャンポンか外国製かわからない。
なんとも不甲斐ない状態だ。

 

 

以前、戦前の教育、朕思ウニを読んで育った者たちは、
古代日本人だと言われたことがある。

 

言われてみれば、
現代日本人とかなり異なる点が多いことに気づく、
体力、気力、愛国心が筋金入りだ。
現代日本人には売国奴のような人間や、
無責任な者、情けない者、他力本願、
豊かさ過ぎのわざわいか、教育のわざわいか、
考えさせられることが多い。

 

 

この状態では51番目の星になってしまう。
間に合わないかもしれないが、
日本国の教育が出来る人を捜して、
本当の日本人を育ててほしいものだ。

楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム > 社長のコラム vol.1