社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.20 「原子力発電所」

2012.08.18

なぜ、東京湾や大阪湾に造らないの?

 

万に一つあるからだ。
地方なら万に一つが受け入れられる?

 

仕事がない、経済が苦しい、
多分大丈夫であろうで何十年間お手当てをいただいてきた。

 

しかし、地震と津波が、
万が一が来てしまった。

 

最悪である。

 

お手当てを頂いてない地区まで災害が及んでしまった。
大変なことで遠くにいる我々は言葉がない。

 

今回の地震と津波は多数の学者が予想していた。
長い堤も造っていた、
だが、19年前奥尻で30数メートルの津波が
あったことを忘れてしまっている。

 

太平洋の広い海の膨大さは奥尻とはわけが違うと思う、
これは人災と言えるかも知れない。

 

所詮、人間の力など自然界には及びもつかないことは現実だ。
ウランという自然界にある妖怪みたいな物質、
それをこねくり回し、功を求めすぎて自然界に戻すことができなくなってしまった。
これが原子力発電だ。

 

今のところは何百年先に自然界に戻すことが出来るのか分からない。
その間、生き物を苦しめ続けるのかも知れない。
人間最大のミステイクだ。

 

このまま化学と科学が進めば人間の生存も数百年かも・・・・・

楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム > 社長のコラム vol.1