社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.26 「人間という動物の生き方」

2014.02.08

人間という動物の生き方

 

この100年で世界中の人達が変わってしまった。
どんな生き方が理想かについては答えが無い。

 

ただ、強いて求めるなら、
人間の常識、道徳的な生き方であつて欲しいものだ。

 

世界の人類が平和に生きたい、誰もが願う言葉だ、
しかし、神様は許してくれない。

 

人間以外の動植物には必ず自然淘汰と言うものがある、
それを人間だけに神様は許す筈がない。
何処かの国で必ず殺し合いが生まれている、これが自然淘汰だ。

 

神様は、欲と言う物を人間に与えてしまったのだ。
神様も、後悔しているであろう、問題は原子力だ。

 

自然界に戻すことのできないものをつくってしまった人間の愚かさ、
悔やんでも悔やみきれない事実だ。
地球の外などに捨てる事も出来ない。

 

人間最大のミステーク、地球最後の日は、原子力かもしれない。

楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム > 社長のコラム vol.1