社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.30 「チャンス到来!運は時が作る。 」

2015.12.28

チャンス到来!運は時が作る。   此れ程、石油が安くなると誰が予測したであろう。     北方4島、これら、 100年交渉しても結論は同じだと思う。   そこで提案! この際買取ったら、 今のロシアはとても苦しい。   本当ならただで返すものをお金貰って返す、 ロシア国...

社長のコラム vol.29 「18才からの選挙権」

2015.06.29

18才からの選挙権   18才からの選挙権、18才から大人になった証しだ。   責任も権限も同時だ。   そこで相談だが、 80歳を過ぎたら選挙権を放棄したら如何なものでしょうか? 85歳でもいい!   満足に歩くことが出来なくても清き1票のために?   この必要性再検...

社長のコラム vol.28 「日本の人口問題」

2014.05.17

日本の人口問題   日本国の人口は平成48年には一億人を割り込むと言っている。 (社人研)今頃、こんなとぼけた研究所が出来たらしい これがお国の偉い方がやっている事です。   だいたい今頃こんなこと言っていること自体、寝ぼけておりませんか? 一般国民はとうの昔に気づいていると思いますよ、 小生の予測...

社長のコラム vol.27 「ラジオのニュースで」

2014.05.17

ラジオのニュースで   26年4月22日のラジオのニュースで 女性の健康についてもっと医療機関を充実すべきである、 そして元気な子供を産んで欲しいとのニュースであった。   現代人は全ての物事を科学的にとらえ過ぎると思いませんか?   人間は動物なんですよ、 3+5は8とは決まっていないの...

社長のコラム vol.26 「人間という動物の生き方」

2014.02.08

人間という動物の生き方   この100年で世界中の人達が変わってしまった。 どんな生き方が理想かについては答えが無い。   ただ、強いて求めるなら、 人間の常識、道徳的な生き方であつて欲しいものだ。   世界の人類が平和に生きたい、誰もが願う言葉だ、 しかし、神様は許してくれない。 &nb...

社長のコラム vol.25 「これからの日本」

2013.12.19

これからの日本   これからの日本は、日本国として地球上に残れるのだろうか? 最近は主体性のない日本に思えてならない。 NHKのアナウンサーが、国内の小さな話でも西暦で年号を話している。 2011年とか2013年とか。   日本には平成という年号がある。 国内だけの一部の小さな話なら平成二十何年と言...

社長のコラム vol.24 「最近、血管の破れる人達が多くなった。」

2013.12.19

最近、血管の破れる人達が多くなった。   血管は命の道だ。 破れたらそれで終りだ。 人間はゼラチンの塊で生きているようなものだ。 皮膚、血管、筋、これらは皆ゼラチンだ。   今の若者は、いや、40年位前から便利上出来合いの食事を取る方が多くなって来た。 これが早死にの原因に思えてならない。 &nbs...

社長のコラム vol.23 「命と健康、どっちが大事?」

2013.03.04

命と健康、どっちが大事?   原発が壊れて大変な騒ぎだ、当然である、 多大な迷惑をかけたのだから・・・   そもそも元に戻せない物を作って利用することが問題であり、 その責任の所在さえうやむや、 その辺りも含めてそもそもなのである。   これから先も原発は永遠の課題を残し、やがては人間を苦...

社長のコラム vol.22 「海洋深層水-X」

2012.12.10

海洋深層水-X   良しも悪しきも入っている海の水、 地球のゴミ箱かもしれない海、 しかし海がなければ動物も植物も生存できない現実。     何でも食べちゃう海、 浄化能力も優れている海、 表層の海水、 深層の海水、 不思議と養分はあまり変わらないようだ。   違うのは温度だ。 ...

社長のコラム vol.21 「再生産エネルギー発電 No,1」

2012.09.23

原子力はいらない   日本国は世界でも有数の資源大国であることを知らない人が沢山いる、 これは国の教育不足だ。   日本は、国土の70%は山林であると言う、 この山林を育てることを知らない。   外国から安い木材が輸入され、 山で生計を立てている方達は困窮している現実がある、 戦中、戦後と...
楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム