社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.20 「原子力発電所」

2012.08.18

なぜ、東京湾や大阪湾に造らないの?   万に一つあるからだ。 地方なら万に一つが受け入れられる?   仕事がない、経済が苦しい、 多分大丈夫であろうで何十年間お手当てをいただいてきた。   しかし、地震と津波が、 万が一が来てしまった。   最悪である。   お手当てを...

社長のコラム vol.19 「地震と津波」

2012.08.18

東日本の災害は数百年に一度、 いや、1千年に一度かも知れない。   あれから1年と5ヶ月が過ぎた。 しかし、いまだに復興という言葉にはならないようだ。   政治家は、お役人は、頭脳明晰な方が沢山おられるはずだ、 どうしてもっと早く手当てが出来ないのか?   被災地の裏は山である、 日本の土...

社長のコラム vol.18 「主体性を失った現代日本人」

2012.08.04

戦後生まれの日本人の教育はアメリカ仕込みになった。 戦前の教育からは全てが新しく生まれ変わり、 修身とか朕思ウニとかの世界は全部捨て去られた。   そしてPTAが生まれアメリカ教育が本格的になった。   何事も米国に続け、で多くの人が留学され、勉学に励んできた、 国会議員、役人、官僚、この人たちはア...

社長のコラム vol.17 「卵子を求めて」

2012.05.12

戦中戦後と比べれば今の日本は限りなく豊かである。 尤も当時を知らない者に話したとて解らない話だ、 それでも本を読み、絵を見て多少なり解っていると思う。   貧しい国ほど子沢山の現実がある、 理由は地球の法則かもしれない。     徳川時代なぜ大奥があり、沢山の女性がいたのか、 徳川安泰の為...

社長のコラム vol.16 「うなぎの愚痴」

2012.03.29

昔、たった数十年前には、 日本中のどの河川にもうなぎはたくさんいた。   いつの間にかうなぎの棲めない河川にしたのは誰、   人間の欲と我がままではないか。     その反省も無く 高くなったの、食べられないだの、 メディアがやじ馬的に報道している。 知識ある人間とは思えないあり...

社長のコラム vol.15 「花粉症の季節がやってきた」

2012.03.29

私の子供時分には花粉症などとハイカラな名前は聞いたことがなかった。 アトピーもそうだが、カイカイと言う言葉は有った。   今、何が日本人の身体を蝕んでいるのか?   食べ物と運動不足だ。 そして素足で土の上を歩かなくなった。 美味しく食べさせる為の添加物、 日持ちを良くする為の保存料。  ...

社長のコラム vol.14 「高齢者自動車運転免許証更新について」

2012.02.18

先日75歳を過ぎたので更新に行ってきた。 痴呆症の検査も加わって、指導員も大変だ。 幼稚園の年長組の扱いだった。     相手は昔の若人だ。 やがて童心に帰ると言われているが、 どんなに偉い人でも年齢が来れば皆同じだ。   そこで問題。   年齢が来たからと言って、優しくすること...

社長のコラム vol.13 「国会議員の定数問題について」

2012.02.18

最近、マスコミも含めて定数問題をいろいろと騒いでいる。 欲の皮の張っている人達も定数が少なくなると現実は狭き門。 巷の求職難と同じだね。   でも我欲を捨て、真に国民を思う心になって運動すれば 議席の数がいくつになろうと心配には及ばない。     例えば、西郷隆盛や山岡鉄舟のようにお国の為...

社長のコラム vol.12 「消費税について」

2012.01.26

今、話題の消費税   消費税を上げても、世の中は良くならないよ。   だってザルで水を汲んでるんだもん。   仕事のない人に、国が給料払ってるもん。 こんな素晴らしい国、どこにあるかね?   それが沢山あるの。 石油が沢山とれる国。     日本は、消費税で賄...

社長のコラム vol.11 「東北大震災について」

2011.06.23

この度の自信の地震の大きさは、一千年に一度と言われている。 先人達は「これより先に住むな」と標識を立てているそうな。   しかしのど元過ぎれば熱さ忘れる、だ。 これも人間の心理でしょう。   だが、今回の津波については 大きな地震が来れば大きな津波は予想が出来たはずだ。   十数年前に奥尻...
楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム