社長ブログ 相良コラム

社長のコラム vol.10 「饂飩(うんとん=うどん)の話」

2011.02.03

直角に切られた90度の角 この「角(カド)」が人間の舌を満足させるのだ。   手打ちの魅力は他にもある。 麺線の凸凹、縦・横の方向性の弾力だ。 そして日本特有の中力粉(小麦粉) これが日本人好みの歯ごたえ・舌触り・のどごし等に表れる。   ついでにもっと贅沢を言うなら ±0℃の部屋で打つことだ。 &...

社長のコラム vol.9 「お金≠仕事の報酬?」

2010.09.23

仕事のない者に お金をあげる大臣さん   お金って施しでなく   仕事の報酬として頂くんですよね?     エジプトのピラミッドは、報酬を与えるために造った。 日本の財産は山ですから、山を育ててください。     一生懸命間伐しても、100年や200年では終わ...

社長のコラム vol.8 「円安」

2010.09.23

円高で嘆いている日本人     明治時代、円安のような外貨の交換レートが 戦争を生み出す要因だったのではなかろうか……?     こんな時  資源のない日本は 官民で30兆円位、海外で借金して資源を求めたら 輸出も増えるし、円安にもなると思うんだけどな……   &nbs...

社長のコラム vol.7 「世の中 変える」

2010.08.01

会社を増やす   仕事が増える   新会社にむこう何年か法人税免除 但し 資本金何億までの制限を設ける   既存の会社の分割もOK   これだけで人は動く   部・課長のポストも増える   その分所得が増える   所得が増えれば物も動く  ...

社長のコラム vol.6 「自然薯の不思議」

2010.08.01

数ある動植物の中で、自分の体内の養分を次の世代、いや自分の分身に伝えることができるものが あるのだろうか? 豆やイモ類は発芽して、ある程度育ったら親の役目は終わり腐ってしまう。   しかし自然薯は違う。   自分の体の全部を我が子にささげ、住処までも提供し 最後は皮だけになって子供に張り付いて果てる...

社長のコラム vol.5 「アトピーに思う」

2010.07.11

最近、アトピーという症状の子供達が多すぎる。 世の中の異変としか言葉がない。   これからの日本を背負う子供達が心配だ。   なぜ今の子供達がこれほど食べ物を選択しなければいけないのか? 原因は、お母さん達の若い時の食生活にある。 添加物に保存料、化学肥料に農薬 そして異常なまでの消毒、人間を無菌豚...

社長のコラム vol.4 「新卒無業」

2010.02.06

新卒無業……新しい言葉だね。   雇用側から見た現実(新卒無能だね)は、ここ10~20年が特にひどい。   無能というより無気力だと感じる。 戦後の教育なのか、豊かさなのか?   体力がない・精神的に弱い・我侭・病気に弱い・目的を持っていない ……こんな人間が多くなってきた。 日本の未来は...

社長のコラム vol.3 「無菌と健康」

2010.01.30

健康が欲しい貴方。 無菌人間になっていませんか? 自分を守ってくれている「防衛隊」を解雇していませんか?   今は世の中がすべて衛生的になっていて「抗菌」は当たり前で流行語のよう。 結果、自分を守って戦ってくれている抵抗力という味方を 解雇していませんか?   貴方達が毎日食べている食材、また調理さ...

社長のコラム vol.2

2010.01.11

「北海道に新幹線はいらない」……今回は誤解を恐れずに語ってみたいと思う。   北海道の道南地区……本州と一番近い地域には 列車の線路の単線区間があるのはご存知だろうか? 具体的には、知内から函館の区間だ。 その単線区間のせいで、長い貨物列車が走ることができない。   そのため、流通業界には「北海道料...

社長のコラム vol.1

2009.12.03

昨今就職難という言葉をよく耳にする。 しかし、それはマスコミが騒いでいるだけの話に思える。 世の中、どんなに不景気になっても人材は必要だからだ。 もちろん考え方は人それぞれではあるが…… 企業は人が企てると書く。 考える人がいて、それを形にする人がいて そして、それを売る人で構成されている。 貴方ならどれを選ぶだろうか...
楽楽食品トップページ > 社長ブログ 相良コラム